丸顔のタイプはスクエアフレーム

顔の輪郭によって似合うメガネがある

メガネにはたくさんのデザインや色があって、選ぶのが大変ですね。メガネは毎日かけるので顔の一部になっていて、かけるメガネによって顔の印象もかなり変わります。顔の輪郭に注目して、似合うメガネのフレームの形を選んでみましょう。 顔の輪郭を代表的な形で区分すると、丸顔・面長顔・三角顔・四角顔があります。丸顔は、縦より横の比率が高めで、肉付きがよく、ふっくらした顔タイプで、子供っぽい印象があります。逆に面長顔は、横より縦の比率が高めで、縦長の大人っぽい印象の顔型です。三角顔は、顎が尖っていて、シャープな印象です。四角顔は、耳の下あたりの顎の骨が発達していて、意思が強そうな印象を受けます。 これらの特徴を中和するような方向でメガネフレームの形を選ぶと、似合うメガネが見つかりやすいです。

丸顔タイプに似合うメガネは?

丸顔は、キュートで明るく若々しい印象がある顔型です。若く見えるのは好ましいことですが、指導的な立場になった場合には幼く見られて困るという悩みも生まれてきます。特に男性の場合は、その傾向があります。また、丸顔は太って見えるという悩みもあるようです。顔型の理想型は卵型と言われていて、卵型に近づけるようなメガネを選ぶと欠点が和らぎ、魅力が引き立ちます。 丸顔は縦よりも横の比率が高めなので、縦長の印象になるフレームを選びます。丸みのある印象とは逆の要素を取り入れたいわけですから、角ばったフレームに目を向けてみましょう。具体的にはスクエアフレームを選ぶと、シャープで大人っぽい印象が加わって、調和がとれます。

めがねは運転用や手元の作業用といった様に、目的に合わせて作ることが大切です。せっかく作ったのに合わないといった失敗を減らすことが出来ます。